むげん整骨院 桃山大手筋

健康的な食生活で梅雨を元気に!

2016年05月30日

日本には四季があり、春夏秋冬その季節に収穫できる「旬野菜」と呼ばれる季節ごとの野菜があります。
その季節に合った食べ物が、その時期の身体にいちばん良い食べ物と言われています。

梅雨時期から夏にかけての旬野菜はどんなものがあるのでしょう。
いくつかご紹介します。

・ナス
・キュウリ
・オクラ
・トマト
・枝豆
・ミョウガ
・シシトウ
・スイカ
・ピーマン
・モロヘイヤ
・トウモロコシ
・ゴーヤ
・大葉
などがあります。

果物には
・夏みかん
・桃
・メロン
・スイカ
などがあります。

これらの旬の食べ物は、清涼効果があるために適度に身体の熱さを取り除いてくれて、皮膚に爽快感を与えます。
また吹き出物などにも効果があると言われています。
しかしこれらの食べ物も、ヒンヤリして食べやすいからといって食べ過ぎには注意が必要です。
含まれる水分がわりと多いため、身体を冷やす効果もあるので「水毒」を起こしやすくなってしまうためです。
水毒とは冷えや水分摂取過多により、むくみや頭痛をおこしやすくなる疾患です。
また夏場にかけて肉を多く摂取しすぎると、出血や吹き出物が増えやすいと昔から言われているようです。
しかし肉類も取り入れないと夏の暑さを乗り越えるためのスタミナがつきません。
何事も適量が一番、ということですね。

これから夏に向けて非常に体調管理が難しい時期に入ります。
この時期を元気に過ごすためにも、しっかりとした食生活、質の良い睡眠をとることなど
生活習慣を見直しご家族で話し合ってみると良いでしょう。


×