むげん整骨院 桃山大手筋

日常生活で猫背改善

2016年05月19日

猫背は意識をしていないと改善することは困難です。
悪化すると余計に治りづらくなり、体調も悪くなっていきます。
また併せて病気を発症することもあるので、日頃の生活の中で猫背にならないようにしていくことが大切です。

①座り方を見直す
猫背の人にありがちな座り方は、浅く座ってしまったり足を組んでしまうことです。
椅子に座る時には深く腰をかけて姿勢を正しく保てるようにしましょう。
普段自宅で椅子に座って過ごすことが多い人の場合には、姿勢を保てる椅子を購入することも一つの方法です。
椅子を使わずそのまま畳の上で生活をするような場合には座椅子を使うのも効果的です。

②適度な運動を心がける
適度な運動といわれてもなかなかできないのが運動です。
しかし通勤途中の駅をひとつ前で降りて歩いたり、普段良く使っているエレベーターやエスカレーターを
使うのをやめて階段を使って筋肉をつけるのも猫背の改善につながります。

③肌につけるものは自然素材のものにする
猫背になると筋肉が硬直してしまいます。
そして決遊が滞りやすくなり肩こりや首のコリを起こし、さらに冷え性にもなりやすいのです。
身体を冷やさないためには、通気性の良い自然素材の下着などを身に着けるのが良いでしょう。
化学繊維のものは汗を出にくくさせ、皮膚の呼吸を妨げるので血流も余計に悪くなります。
綿やシルクなどを利用するのをおすすめします。

④パソコンを使うときには1時間に10分の休憩をとる
普段、自宅でもパソコンを使用する人は増えています。
そのため仕事だけでなく自宅でも猫背になりがちという人も多いはずです。
そういった人は必ず1時間に10分の休憩をとるように心がけましょう。
また休憩の時には猫背を改善するストレッチをするなど、身体を動かすことも取り入れると予防につながります。

×