むらかみ整骨院 久津川

アシ!

2017年03月29日

こんにちわ!
久津川院 院長の森です。

足首が固くなると、全身の筋肉が衰える。

「足首が固い」ということは、足首を動かせる範囲、可動領域が狭くなっているということです。

歩くときにうまく足首を使うことができないため、「すり足」のような、ぎこちない歩き方をしてしまうことになります。
お年寄りによく見られる歩き方です。

このような歩き方は、ふくらはぎや太ももなど足の他の筋肉をバランスよく、十分に使うことができません。

すると、、、

上半身は無理な姿勢を取ることになり、腰や背中に負担がかかり、筋肉への過度な負担となってしまい腰痛の引き金になるのです。

一度、腰痛が発症するとその痛みや負担を少しでも和らげようとして、前かがみになりがちです。

しかし、この姿勢では腰や背中の筋肉をほとんど使わないため、ますます筋力が低下し、老化を早める原因となってしまうのです。

あなたのアシモト見直してみませんか?

×