むげん整骨院 草津

春の不調、五月病とは?

2016年05月19日

この春、気持ちも新たに頑張ろうと意気込んでいる人が多いことでしょう。
しかしこの季節、用心したいのが五月病です。
予防法が張り切りすぎず、気楽に構えることが重要です。
またストレスをためないことは、五月病に限らず大切なことです。
自分なりのストレス解消法を見つけて、春を元気に過ごしましょう。

・五月病って何?
大学の新入生が5月の連休が明けたことから急に無気力になってしまう状態を五月病といいます。
最近は新社会人や転勤、部署を異動した人などに多くみられ、オフィスも無関係ではありません。
五月病は4月からの環境の変化に対する疲労や緊張が、いったん落ち着いた5月に緩み、
ストレスとして一気に心や身体の負担となっておこります。
抑うつ気分など精神的な症状が多く、疲れやすい、食欲減退など身体にあらわれる症状も。
悪化すると胃潰瘍や睡眠障害などを引き起こす場合があります。

・五月病を予防・解消しよう
五月病を防ぐには、ストレスをためないことが第一。
次の予防・解消法で心と身体をすこやかに保ちましょう。

①人に話す、相談する・・人に話すだけである程度心が楽になります。
一人で抱え込まず誰かに話したり、相談してみましょう。

②「適度」にする・完璧にこなそうとすると、強いストレスが感じられます。
何事も完璧を目指すことはせず、肩の力を抜いて適度な気持ちで。

③身体を動かす・・軽く汗を流す程度の適度な運動は、ストレス解消になります。


☆五月病予備軍チェック☆
①春から生活環境が一変した
②どちらかといえば真面目、几帳面
③内向的な性格だ
④寝つきが悪く、熟睡できない
⑤身体がだるく、疲れやすい
⑥頭痛、腹痛になりやすい
⑦やる気が出ない
⑧不安焦燥感がある
⑨イライラしてしまう

チェックが5つ以上なら要注意!

×