むげん整骨院 桃山御香宮前

夏のむくみに注意!

2016年06月02日

むくみは血管から染み出た血液の血漿成分が再び血管に戻れなくなり、
余分な水分が皮膚の下にたまった状態のことをいいます。
重力の関係で水分は下方に滞りがちなので、症状の大半は足にでます。
足の筋肉が弱い女性や高齢者は血管に圧力がかからないため
血管内に血漿を戻す力が弱く、血液が押し上げられにくくなり特にむくみやすくなっています。

夏は体温を下げようと血管が拡張するため、血漿が多く染み出しやすくなります。
また冷房による身体の冷えで血流が悪くなるのもむくみを助長します。

~むくみの予防と解消法~
まずは血液を上へ流れやすくすることが大切です。
・足を高くして休息する
・締め付け圧力の高いむくみ対策機能がついたストッキングを着用する
・足の筋肉を鍛える→つま先とかかとを交互に上げ下げする運動・足首回しが効果的
・身体を冷やさない

~顔のむくみの解消法~
お酒を飲みすぎた次の日や睡眠不足が主な原因です。
特にまぶたは皮膚がうすくたるんでいるため、むくみやすく目立つ場所です。
・顔を温める(蒸しタオル)、冷やす(保冷材やアイスノン)を交互に行いましょう。
・首の体操で血流改善→息を吐きながらゆっくり上下左右に倒したり、大きく首を回す。

そのほか腎臓、心臓、肝臓の病気はむくみが症状となってあらわれるので
いつまでもむくみや疲れが取れない場合は一度専門のお医者様の診察を受けることをお勧めします。

×