むげん整骨院 伏見

夏風邪を予防する生活習慣

2016年08月18日

夏風邪の予防には、免疫力を高めてウイルスの接触を避けることが欠かせません。
そのために気を付けたいポイントをご紹介します!

1、手洗いを習慣に
外から帰ってきたらこまめに指の間や手の甲、手のひらまできちんと手洗いをしましょう。

2、クーラーによる冷えに注意
設定温度は28度が最適。冷えすぎや冷風が直接当たらないようにしましょう。
クーラーが効きすぎているところでは長袖やカーディガン、靴下などで身体を冷やしすぎないように注意。

3、人混みを避ける
ウイルスに感染する恐れのある人混みはなるべく避けたいものです。
人混みから帰宅後はしっかり手洗いをしましょう。

4、軽い運動も大切
ストレッチ、マッサージや軽い筋肉トレーニングなどは、全身の血行が促進されるばかりでなく、
ストレス解消になります。毎日少しずつでも続けることが大切です。

5、ゆっくり休養を
疲れを感じたらまずはゆっくり休みましょう。
毎日7時間以上の睡眠時間があればベスト。睡眠はとても重要です。

6、しっかり栄養を
消化の良いもの、高カロリー、高たんぱく、低脂肪の食事がオススメです。
ビタミンを積極的にとり、栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。

7、入浴で清潔を保つ
シャワーなどで汗を流すことで、汗腺も清潔になり、疲れもリフレッシュできます。



×